日本高齢者・障害者虐待防止協会について

代表からメッセージ

いつまでも生きがいを持てる社会のために

障害者・高齢者に対する虐待をゼロにする。
これは私たちが必ず達成しなければならない目標です。
ここ数年、虐待にも様々ありますが、虐待に関わるニュースを頻繁に耳にします。死亡に至る悲しいケースも少なくありません。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。私は、医療や介護に従事している人が、高齢者・障害者と関わる上で必要な知識を十分に持っていないことが大きな原因であると考えています。加齢・障害とはどういうものなのか、その人たちと関わっている自分はどういう心の状態なのか、仕事をしている人にとって過剰なストレスのない職場とはどのような職場なのか。少しのことを知っていれば目の前にいる大切な人を理解して思いやる気持ちになれるのではないでしょうか。虐待という悲しい事件は起こらないのではないでしょうか。
日本は超高齢社会になり、様々な医療、介護施設あるいは家庭、地域において介護する、されるということが今までよりも当たり前になってきています。今、この虐待問題を解決しなければ虐待する、されるということが国⺠一人一人にとって避けては通れない問題になるでしょう。
あなたはこの問題を見過ごすことはできないはずです。なぜなら、これはあなたの家族の問題であり、あなたと子供の未来の問題だからです。
私たちと一緒に虐待ゼロを達成し、「いつまでも生きがいを持てる社会」を作っていきましょう。

協会概要

団体名 一般社団法人日本高齢者・障害者虐待防止協会
英語名 Japanese Society for the Prevention of Elder Abuse and Maltreatment of People with disabilities(略称:JaSPAM)
設立年 2016年9月28日
E-mail info@gyakutai-zero.com
理事長 江口和夫
決算報告

平成29年度決算報告(第二期)

平成28年度決算報告(第一期)